ABOUT US

21世紀は「環境の世紀」と言われており、世界では地球温暖化や人口増加、資源枯渇などの問題に直面しています。
一方、日本では少子高齢化や社会保障費増加といった問題が、社会システムに大きな影響を及ぼすことが懸念されます。こうした状況に対し、日本曹達グループは化学とその関連サービスを通じて、一人ひとりが安心して暮らせる持続可能な社会づくりに貢献してまいります。

日本曹達のビジョン

「かがくで、かがやく。」 日本曹達グループでは、日本曹達グループ長期ビジョン「かがくで、かがやく。2030」および中期経営計画2020-2022「かがくで、かがやく。Stage I」を策定しました。

21世紀は「環境の世紀」と言われており、世界では地球温暖化や人口増加、資源枯渇などの問題に直面しています。一方、日本では少子高齢化や社会保障費の増加といった問題が社会システムに大きな影響を及ぼすことが懸念されます。
こうした状況に対し、日本曹達グループは化学とその関連サービスを通じて、一人ひとりが安心して暮らすことができる持続可能な社会づくりに貢献してまいります。

日本曹達グループ長期ビジョン 「かがくで、かがやく。2030」の概要(2020年度~2029年度)

ビジョン

日本曹達は1920年の創立以来、「化学」を通じて新たな価値を世の中に提供し、社会の発展に貢献してまいりました。
当社グループは、さまざまな化学製品・サービスをアグリカルチャー、ヘルスケア、環境、ICT分野に届けることで、人々の暮らしを支えてまいります。

ミッション

新たな価値を化学の力で創造し、「社会への貢献」を通じ「企業価値の向上」を実現する。

基本戦略

ROIを重視した成長投資と徹底した構造改革により『高効率な事業構造に変革してゆく。~利益効率を二倍以上に~』

資本政策

財政の健全性に配慮しながら、成長投資と株主還元のバランスを重視した政策を積極的に実施する。

ESG経営

2020年代の顧客と社会環境に求められる製品・サービスを通じ、社会に貢献する。

経営指標(KPI)

企業価値の向上に向けて、投資効率を重視した経営を目指す。

経営指標(KPI)の図

ロードマップ

ロードマップの図
つぎの100年も化学とともに