ディスクロージャーポリシー

1.基本的な考え方

当社は、経営の透明性を高め、ステークホルダーからの期待と信頼に応えるために、適時・適切な情報開示を行い、持続的な成長と企業価値の向上に向けた建設的な対話に取り組みます。

2.情報開示の基準

当社は、会社法、金融商品取引法などの関係諸法令のほか、東京証券取引所の定める適時開示規則に従い、公平性、正確性を重視し、タイムリーに情報開示を行います。

また、上記の重要会社情報のほか、当社を理解していただくために有効であると判断される情報についても、積極的な情報開示を行います。

3.情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報については、東京証券取引所の適時開示情報伝達システム「TDnet」を通じて公開するとともに、本ウェブサイトに当該情報を掲載いたします。

また、適時開示規則に該当しない情報についても、本ウェブサイトへの掲載や報道機関への公表などにより、適時・適切に情報開示を行います。

4.将来の見通しについて

当社が開示する資料に記載されている計画、見通し、戦略などの将来に関する記述は、公表時点で入手している情報および合理的であると判断する一定の前提に基づいたものであり、実際の業績などはさまざまな要因により異なる可能性があります。

5.沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、情報公開の公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間とし、この期間は決算に関するお問い合わせへの回答を差し控えます。ただし、この期間中に業績予想が大きく変動する見込みが発生した場合には、適時開示規則に従い、情報開示を行います。

なお、この期間中であっても、すでに公表されている情報に関するお問い合わせについては対応いたします。

6.その他

本ウェブサイト上での当社情報の検索にあたりましては、本ディスクロージャーポリシーに加えて、別途掲載の免責事項も合わせてご参照ください。

ページトップへ