ダイバーシティ方針・行動計画

NISSO ダイバーシティ方針

日本曹達株式会社では、多様な価値観を持った企業集団こそ、新たなイノベーションを生み、グローバルな競争力を向上させる礎と考え、ダイバーシティ推進を重要な経営戦略として位置付けます。

その取組みとして、多様な人材を活かす人事諸制度への転換、風土の改善、職場環境整備等、ハード・ソフト両面での基盤構築を行い、性別や国籍・年齢等に関係なく、グローバルで意欲と能力のある人材が活き活きと輝き持続的に成長・発展できる会社を目指します。

ダイバーシティ行動計画 (平成28年4月1日)

1.女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づく一般事業主行動計画策定について

この度「女性活躍推進法」の趣旨に基づいて一般事業主行動計画を策定しました。
計画の内容は下記の通りです。

日本曹達株式会社行動計画

日本曹達株式会社では、ダイバーシティの推進を重要な経営戦略として位置付けます。性別・国籍・年齢等に関係なく、多様な人材が存分に能力を発揮し、新たな価値やグローバルな競争力を生み出し、持続的に成長できる会社を目指して取り組んでまいります。

  1. 計画期間 平成28年4月1日から平成30年3月31日までの2年間
  2. 当社の課題
    • (1) 女性社員比率の拡大
    • (2) ダイバーシティを推進する風土の醸成
    • (3) キャリア形成のための支援
  3. 目標
    • (1) 女性の採用比率を30%以上にする。
    • (2) ダイバーシティ推進に対する認識を向上する。
    • (3) キャリアビジョン制度を導入する。
  4. 内容
    目標1
    女性の採用を強化する。
    <スケジュール>
    平成28年度
    現状の採用実績の総括と課題抽出
    平成29年度
    採用強化に向けた施策提案と実行
    目標2
    ダイバーシティ推進の認識を高める研修を実施する。
    <スケジュール>
    平成28年度
    役員研修の検討と実施、管理職/女性研修プログラムの検討
    平成29年度
    順次ダイバーシティ研修の実施
    目標3
    キャリアビジョン制度を導入する。
    <スケジュール>
    平成28年度
    若手社員へのキャリア面談実施、課題抽出・対策提案
    平成29年度
    キャリアビジョン制度の導入

2.「次世代育成支援対策推進法」に基づく一般事業主行動計画策定について

この度「次世代育成支援対策推進法」の趣旨に基づいて一般事業主行動計画を策定しました。
計画の内容は下記の通りです。

日本曹達株式会社第5次行動計画

社員が仕事と子育てを両立することができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間 平成28年4月1日から平成30年3月31日までの2年間
  2. 内容
    目標1
    私傷病療養休暇の利用方法を拡大する。
    <スケジュール>
    平成28年度
    現状制度の利用状況確認、新制度企画検討、組合との協議
    新制度導入
    目標2
    男性の育児休暇取得を促進する。
    <スケジュール>
    平成28年度
    取得阻害要因の把握・分析、対策案検討
    平成29年度
    パンフレット・Web等による啓発等、対策実施

ページトップへ