よくあるご質問

Q

目に見えない水の汚れを除去するスーパークロリネーションを教えてください。


Q プール水のスーパークロリネーションについて。
  1. プール水の汚れ
プール水の汚れには、「目に見える汚れ」と「目に見えない汚れ」があります。目に見える汚れ(沈殿物や浮遊物)は、循環濾過機によって殆んど除去されますが、「目に見えない汚れ」即ち「水に溶けた汚れ」は、どんな高性能の濾過機でも殆んど濾過することはできません。
目に見えない汚れ(アンモニア、尿素などの窒素化合物及び有機物)がプール水中に蓄積してくるとプールの管理者や遊泳者に対して、次のような好ましくない問題や現象が起ってきます。
 
(1) 残留塩素が基準の濃度に上がらない(汚れで塩素要求量が多い)
(2) 遊離塩素が少なく結合塩素が多い(アンモニアなどが多い)
(3) 消毒効果が不充分(殺菌力が弱い)
(4) 目が痛くなったり、不快な臭気がして吐気をもよおす(NHCl2、NHl3が多い)
(5) プールの底や壁面がヌルヌルする(藻の発生)
 
2. 目に見えない汚れの原因
プールの外部環境に起因するものがありますが、原因の大半は、遊泳者白身によるものです。身体に付着している汗やアカ・遊泳中の発汗、尿などの分泌物や排泄物には、多量の塩分、尿素、アンモニアなどの窒素化合物が含まれています。
また、サンタンローションやヘアースプレイなどの化粧品にも、いろいろな有機物(グリセリン、エチレングリコール類)や窒素化合物が含まれています。
これらの物質が、プール水とまざり合って「目に見えない汚れ」の原因となるのです。
 
3. 水質改善
このようなプール水の問題の解消と水質改善には、スーパークロリネーションが著しい効果を発起します。
スーパークロリネーションは、日常の水質管埋に必要な残留塩素 (0.4〜1.0mg/L)より高い濃度で行います。これは、塩素の強力な酸化力によって、プール水中のアンモニアなどの窒素化合物や有機物を分解し、不活牲な無機物や窒索ガスに変える水質の浄化法で、欧米などで最も普及している水質改善の方法です。
 
4. スーパークロリネーションの方法
スーパークロリネーションは、汚れの状況に応じて適切に実施する必要があります。プール水の汚染が激しい(遊泳負荷が大きい)場合は、毎日処理をしなければなりません。
また、汚染が少ない(遊泳負荷が小さい)場合あるいは補給注水の多いプールでは、7日〜10日毎に1回処埋することをおすすめします。

〔処理の手順〕
 
(1) 遊泳時間の終了後に行います。
(2) ハイクロンGを溶解してプールに散布します。
(3) ハイクロン使用量は、残留塩素が5〜10mg/Lになる量とします。
(プール水100m3当りハイクロン顆粒剤700〜1,400g)
(4) 濾過機は、一晩継続運転します。
アンモニアは、約1時間以内で分解しますが、他の有機物の分解には長時間を要します。
(5) 翌朝には、残留塩素が殆んどなくなります。
もし、残留塩素が2mg/L以上ある場合は、ノンクロエースで中和してから遊泳します。
(残留塩素1mg/Lの脱塩素には、100m3当たりノンクロエース200g)
 
5. プールの汚染防止のために
 
(1) 腰洗槽(残留塩素50〜100mg/L)で充分に消毒し、洗浄します。
(2) シャワーで頭髪も含め、良く洗い流します。
(3) 特に、トイレ使用後は、腰洗槽で消毒しシャワー洗浄を励行させるようにしてください。

> 質問一覧ページへ  > PageTOPへ