NISSO HPC

医薬

Pharmaceutical

用途

適切な方法でHPCを使用することで、口腔内崩壊錠の崩壊時間を遅延することなく、錠剤硬度を改善することが出来ます。

HPCはフィルム基剤や可塑剤として使用することが出来ます。

高粘度銘柄のHPCを使用することで、活性成分の溶出速度をコントロールすることが出来ます。

HPCの銘柄
NISSO HPC SSL SL L M H VH
粘度 (mPa·s)
20℃/2% 水溶液
2.0-2.9 3.0-5.9 6.0-10.0 150-400 1000-4000 4001-6000
分子量(GPS法) 40,000 100,000 140,000 700,000 1,000,000 2,500,000


通常粒子
(40 mesh pass)
D50: 150-190 μm
微粒子
(100 mesh pass)
D50: 80-110 μm
超微粒子
(330 mesh pass)
D50: 20 μm

徐放性マトリックス基剤

 Particle size of the Regular Powder: 85μm

A = Dry / Powder Use

B = Wet / Solution Use

HPCはフィルムコーティングの基剤や可塑剤として使用することが出来ます。

HPCの銘柄
NISSO HPC SSL SL L M H VH
粘度 (mPa·s)
20℃/2% 水溶液
2.0-2.9 3.0-5.9 6.0-10.0 150-400 1000-4000 4001-6000
分子量(GPS法) 40,000 100,000 140,000 700,000 1,000,000 2,500,000


通常粒子
(40 mesh pass)
D50: 150-190 μm
微粒子
(100 mesh pass)
D50: 80-110 μm
超微粒子
(330 mesh pass)
D50: 20 μm

フィルムコーティング基剤
フィルムコーティング可塑剤

 Particle size of the Regular Powder: 85μm

A = Dry / Powder Use

B = Wet / Solution Use

HPCは、加熱溶融混練法、スプレードライ法、ナノサスペンション法のいずれの溶解性改善手法においても基剤として使用することが出来ます。

NISSO HPC SSL SL L M H VH
粘度 (mPa·s)
20℃/2% 水溶液
2.0-2.9 3.0-5.9 6.0-10.0 150-400 1000-4000 4001-6000
分子量(GPS法) 40,000 100,000 140,000 700,000 1,000,000 2,500,000


通常粒子
(40 mesh pass)
D50: 150-190 μm
微粒子
(100 mesh pass)
D50: 80-110 μm
超微粒子
(330 mesh pass)
D50: 20 μm

加熱溶融混練法
スプレードライ法
ナノサスペンション法

 Particle size of the Regular Powder: 85μm

A = Dry / Powder Use

B = Wet / Solution Use

当社HPCはシリカを添加していないため、無菌濾過用途で使用することが出来ます。ろ過性は使用するHPCの濃度、粘度やフィルターの種類によって異なります。

NISSO HPC SSL SL L M H VH
粘度 (mPa·s)
20℃/2% 水溶液
2.0-2.9 3.0-5.9 6.0-10.0 150-400 1000-4000 4001-6000
分子量(GPS法) 40,000 100,000 140,000 700,000 1,000,000 2,500,000


通常粒子
(40 mesh pass)
D50: 150-190 μm
微粒子
(100 mesh pass)
D50: 80-110 μm
超微粒子
(330 mesh pass)
D50: 20 μm

無菌濾過

 Particle size of the Regular Powder: 85μm

A = Dry / Powder Use

B = Wet / Solution Use