NISSO HPC

医薬

Pharmaceutical

各種製造法への適用

製造方法

湿式法(高速撹拌造粒法、流動層造粒法)

高速撹拌造粒法や流動層造粒法では、使用するHPCの溶液濃度や添加方法によって、顆粒の粒度分布が異なります

HPCを使用した造粒のイメージ
HPCの銘柄
NISSO HPC SSL SL L M H VH
粘度 (mPa·s)
20℃/2% 水溶液
2.0-2.9 3.0-5.9 6.0-10.0 150-400 1000-4000 4001-6000
分子量(GPS法) 40,000 100,000 140,000 700,000 1,000,000 2,500,000


通常粒子
(40 mesh pass)
D50: 150-190 μm
微粒子
(100 mesh pass)
D50: 80-110 μm
超微粒子
(330 mesh pass)
D50: 20 μm

高速撹拌造粒法
流動層造粒法

 Particle size of the Regular Powder: 85μm

A = Dry / Powder Use

B = Wet / Solution Use

乾式法(直接打錠法、乾式造粒法)

直接打錠法や乾式造粒法では、使用するHPCの粒径によって錠剤物性や顆粒の粒度分布が異なります

HPCの銘柄
NISSO HPC SSL SL L M H VH
粘度 (mPa·s)
20℃/2% 水溶液
2.0-2.9 3.0-5.9 6.0-10.0 150-400 1000-4000 4001-6000
分子量(GPS法) 40,000 100,000 140,000 700,000 1,000,000 2,500,000


通常粒子
(40 mesh pass)
D50: 150-190 μm
微粒子
(100 mesh pass)
D50: 80-110 μm
超微粒子
(330 mesh pass)
D50: 20 μm

直接打錠法
乾式造粒法

 Particle size of the Regular Powder: 85μm

A = Dry / Powder Use

連続生産

使用するHPCの銘柄や粒径、添加水量によって顆粒の粒度分布が異なります。

3D印刷(パウダーフロー法、熱溶解積層法(FDM))

使用するHPCの銘柄や粒径によって、3D印刷により得られる錠剤の物性が異なります。

HPCの銘柄
NISSO HPC SSL SL L M H VH
粘度 (mPa·s)
20℃/2% 水溶液
2.0-2.9 3.0-5.9 6.0-10.0 150-400 1000-4000 4001-6000
分子量(GPS法) 40,000 100,000 140,000 700,000 1,000,000 2,500,000


通常粒子
(40 mesh pass)
D50: 150-190 μm
微粒子
(100 mesh pass)
D50: 80-110 μm
超微粒子
(330 mesh pass)
D50: 20 μm

連続生産
3D印刷

 Particle size of the Regular Powder: 85μm

A = Dry / Powder Use

B = Wet / Solution Use

HPCの濡れ性

使用するHPCの銘柄や粒径によって、濡れ性が異なり、錠剤の崩壊特性や溶出特性に影響を及ぼします。

HPCの流動性

HPC-SSL SFPを使用した動的流動性の評価を行っています。