NISSO 2020 100th anniversary

もっと真摯に、前向きに。日本曹達は前進しつづけます。

初心にかえり、正面から真摯に事業や社会に向き合っていきたいー。歩み続ける日本曹達にご期待ください。

SCROLL

NEWS
2019.11.11

NISSO 100周年記念サイトを公開しました!

つぎの100年も化学とともに

日本曹達は、2020年に創立100年を迎えます。これまでも、これからも化学ひとすじ。社会と化学をつなげます。

miffy

  • NISSO
  • NISSO × miffy

    日本曹達は、100周年に向けた
    コミュニケーション・シンボルに
    miffyを採用しました。

  • miffy

「雪うさぎ」の由来

うさぎは、雪で形をつくり、南天の実を目、葉を耳にした、いわゆる「雪うさぎ」。
これが雪の結晶の中に入ったものが社章として現在に至るまで受け継がれています。
当社の社章である「雪うさぎ」の由来は、創業年の1920年までさかのぼります。
当時、新潟県・二本木工場では、容器のマークを決める会議が行われていました。
長引く会議のさなか、突然1匹の真っ白い野うさぎが部屋に飛び込んできて、
部屋を一周したかと思えば、あっと言う間に戸外に出て姿を消してしまいました。
この出来事で会議は急転。

それに加えて、3つの理由から雪うさぎを社章として採用することが決定しました。

  • 01

    当時、主製品のカセイソーダ/晒粉は、白いほど純度が高いと考えられ、高品質の証でした
  • 02

    うさぎは山を駆け登ることが早く、下ることが苦手であることから、会社の成長や不況に対する強さを意味すると考えました
  • 03

    当社発祥の地である二本木工場は日本有数の豪雪地帯で、雪国や雪うさぎののイメージにぴったりでした

雪うさぎを囲む6つの雪の結晶には、後年になってそれぞれ
誠実・勤勉・創意工夫・協調・奉仕・感謝の意味が込められたと伝えられています。

あんなこと、こんなこと。たくさん形にしてきました

miffy

1920年の創業以来、私たちは農業・医療・環境・情報など
事業分野を多角的に展開し、時代に応じた製品を次々に生み出してきました。
目立たないかもしれないけど、化学のチカラであらゆる産業を力強く支えてきたー。
そんな誇りと自信を胸に、私たち日本曹達はこれからの100年に向けて
次世代の夢をかなえる製品開発に取り組んでいます。

100周年記念GALLERY

新聞広告

  • 新聞広告
  • 新聞広告
  • 新聞広告
  • 新聞広告
  • 新聞広告

交通広告

  • 交通広告 サイネージ広告
  • 交通広告 日曹100周年記念
     ラッピングトレイン運行開始セレモニー

企業広告

  • 企業広告横浜スタジアム バックネット裏 広告

食料、健康、環境など、
社会が抱えるいろんな課題。
その解決に向けて化学のチカラで
優れた製品を生み出し、
次世代の夢を実現する化学会社としてー。

わたしたち日本曹達は、
次の100年、200年先を見据えて
持続可能な社会の実現に貢献します。

約束します。