沿革

1913年(大正2年) 創立者中野友禮、電解法ソーダの特許を取得
1920年(大正9年) 日本曹達株式会社設立、資本金75万円
二本木工場(新潟県中郷村)の操業開始
1934年(昭和9年) 高岡工場(富山県高岡市)の操業開始
1949年(昭和24年) 東京証券取引所・大阪証券取引所に株式上場
1954年(昭和29年) 第4回デミング賞実施賞受賞
1959年(昭和34年) 生物研究所(神奈川県大磯町)を開設 (1984年 小田原研究所に統合)
1962年(昭和37年) 水虫薬トルナフタート(ナフチオメートT)を開発、製造開始
1964年(昭和39年) TDIに対し、第10回大河内記念技術賞受賞
1967年(昭和42年) 飼料添加物メチオニンの製造開始
1969年(昭和44年) 日曹化成株式会社(現千葉工場、千葉県市原市)の設立
1971年(昭和46年) NISSO-PBに対し、高分子学会賞受賞
1976年(昭和51年) トップジン、トップジンMに対し、第22回大河内記念賞、内閣総理大臣発明賞を受賞
シトラゾンに対し、有機合成化学協会賞を受賞
1978年(昭和53年) 除草剤クサガードを開発、製造開始
1979年(昭和54年) 榛原農場(現小田原研究所榛原フィールドリサーチセンター、静岡県榛原市) を開設
1981年(昭和56年) 除草剤ナブを開発、製造開始
1984年(昭和59年) 機能製品研究所(現高機能材料研究所、千葉県市原市)を開設
小田原研究所(神奈川県小田原市)を開設
磐梯農場(現小田原研究所磐梯フィールドリサーチステーション、福島県磐梯町)を開設
1985年(昭和60年) クサガード、ナブに対し、第31回大河内記念賞、農薬学会業績賞を受賞
殺ダニ剤ニッソランを開発、製造開始
1986年(昭和61年) 殺菌剤トリフミンを開発、製造開始
イオン交換膜法カセイソーダ製造設備完成
飼料添加物ラクテット(ルーメンバイパスメチオニン)の製造開始
1991年(平成3年) ノーバスインターナショナル社設立参画
次世代抗生物質医薬中間体AOSA製造開始
1995年(平成7年) 殺虫剤モスピランを開発、製造開始
抗エイズ薬中間体BBPの製造開始
1997年(平成9年) 次世代抗生物質ファロペネムナトリウムを共同開発、製造開始
フォトレジスト材料VPポリマーを製造開始
2000年(平成12年) 医薬中間体MAP製造開始
2001年(平成13年) PCB無害化処理技術の開発に対し、日本ソーダ工業会技術奨励賞受賞
2002年(平成14年) 新殺ダニ剤タイロンの販売開始
2007年(平成19年) 殺菌剤パンチョに対し、農薬学会賞受賞
2011年(平成23年) 中国ファインケミカル受託製造会社・力菱ファインケミカル有限会社への出資
農薬原体の製造合弁会社・日曹南海アグロ株式会社を韓国に設立
フランスの化学会社・Alkaline SAS社を買収