トップページ マネージャーに聞く!そーだ!未来はこうなる! > クロールアルカリ事業

マネージャーに聞く、総合化学産業の未来図 そーだ!未来はこうなる!

基礎化学品事業

さまざまな産業の基礎となる仕事

社内における縁の下の力持ち

 基礎化学品部ではカセイソーダ、塩素をはじめとしたクロールアルカリ事業の製品群を製造・販売しています。これらの製品群は他社に販売するだけでなく、自社製品の原料にもなっています。つまり当社において基幹事業として成長してきたクロールアルカリ事業は「社内の縁の下の力持ち」的存在でもあるのです。これらの製品群が使用される業界は工業・下水道処理、医薬・農薬など多岐に渡り、最終製品をそれぞれ挙げていくときりがない程です。ひとつ言えるのは製造業のあらゆる工程で不可欠な基礎工業薬品であること。「カセイソーダ」なしに製造業は成り立たないと言っても過言ではありません。

国内外の顧客と接し、知識の広がりを実感できる

 私はこの伝統ある部の中で無機課に属し、塩素化合物である塩化燐やカセイソーダを原料とした青化ソーダの販売を担当しております。塩化燐、青化ソーダといっても一般の人にはなじみが薄いものかもしれません。塩化燐は難燃剤の原料、青化ソーダは鍍金、金精製等に使用されております。担当する製品をただ販売するだけでなく、出荷から納品まで責任を持って管理するのが当社の営業として重要な業務プロセスです。我々と顧客の双方にとって効果的な合理化策、省力化策を提案し実現にいたった時にはやりがいを感じます。また海外の顧客と接するため、その国についての報道されない実情を聞ける機会が多々あり知識の幅が広がったと実感することもできます。私の扱う製品の用途は多種多様ですが今後も高付加価値化を実現し市場のニーズに応えていきたいです。

この事業に関連する分野はこちら