日本曹達株式会社 21世紀の社会から求められる特色ある化学会社へ
光触媒のしくみ
酸化分解とは?
酸化チタン層に紫外線が当たると、半導体でもある酸化チタンが紫外線の力を吸収して活性化し、塗装面に付着した有機物質(汚れ)を酸化分解します。
また、酸化チタン自身は消耗することがありませんので、半永久的に効果を持続することができます。
酸化分解とは?
見てわかる!酸化分解テスト/カラーインクの分解
酸化チタンを全面にコートしてからその上にカラーインクを印刷しました。その後、「N」の文字に紫外線を照射。紫外線照射部のカラーインクが酸化分解されて脱色し、「N」の文字が浮き出てきました。 カラーインクの分解
親水性とは?
親水化とは、材料の表面に水がなじみやすくなる現象です。普通の材料の表面に水をスプレーすると、表面張力により水滴になるため、水分が蒸発すると付着した汚れがそのまま塗装面に残ります。
一方、酸化チタンをコーティングした表面に紫外線を当てますと、親水化機能により水は水滴にならず均一に広がります。均一化した水は表面に水の膜を形成し、汚れを浮かせて流し去ります。
親水性とは?
見てわかる!親水化確認テスト/水の噴射
写真下部に酸化チタン層をコートし、太陽光にあてた後全体に水を噴霧しました。酸化チタン層では水がはじかれることなく、広がっている様子が確認できます。 水の噴射
接触角とは
接触角とは、水滴(水玉)と水平においた基材のつくる角度です。酸化チタンコーティングした基材に、太陽光をあてたあと水を落とすと、親水化の作用により接触角度は0°近くまで下がります。
光照射前 光照射後
光照射前   光照射後
PAGE TOP
光触媒のしくみ
2層コーティング
ライン塗工
現場塗工
実証レポート ビストレイターの性能評価
技術資料一覧
光触媒関連HPへのリンク
お問い合わせ
TOPページへ

日本曹達株式会社