NISSO-PB

液状ポリブタジエン

お問い合わせ先
化学品事業部 機能化学品部 機能性ポリマー課
TEL:03-3245-6154
サンプルのお問い合わせはこちらから

銘柄一覧

ブタジエンホモポリマーのBシリーズ、両末端に水酸基を有するGシリーズを基本樹脂に、これらの水素化ポリマー、さらにユーザーの皆様のニーズに応えられるよう、様々な誘導体をラインナップしております。

物性値につきましては、代表値とさせていただいております。

基本樹脂

Bシリーズ/1,2-ポリブタジエン ホモポリマー

Bシリーズはブタジエンのホモポリマーです。さまざまなプラスチック樹脂、組成物への物性改質の添加剤として優れた可塑性を発揮します。1,2-ビニル構造が85%以上であり、熱や光の刺激により、高い反応性が期待できます。また、この特徴的な構造により低誘電率の性質を有し、電気・電子材料として好適です。平均分子量の違いによりB-1000、B-2000、B-3000の3銘柄があります。分子量の違いに応じて、粘度、ガラス転移温度などが異なり、目的の物性に応じた選択が可能です。

銘柄 数平均分子量 微細構造(%) 粘度
(Poise/45℃)
水酸基価
(KOHmg/g)
比重
(25℃/4℃)
1,2-vinyl trans-1,4
B-1000 1200 85以上 15以下 10 - 0.86
B-2000 2100 90以上 10以下 62 - 0.86
B-3000 3200 90以上 10以下 210 - 0.87
主な用途

樹脂改質剤、可塑剤、架橋助剤、印刷製版材、接着剤、粘着剤、水性塗料、電着塗料、電気絶縁材料、焼結バインダー

構造式

ページトップへ

Gシリーズ/両末端水酸基ポリブタジエン

Gシリーズは両末端水酸基導入ポリブタジエンです。主鎖の構造はBシリーズと同様に1,2-ビニル構造を主成分としますが、両末端に水酸基を有することで、異なる用途展開が可能です。水酸基を活性部位とし、ポリエステル、ポリウレタンなどのジオール成分としても利用が可能です。

銘柄 数平均分子量 微細構造(%) 粘度
(Poise/45℃)
水酸基価
(KOHmg/g)
比重
(25℃/4℃)
1,2-vinyl trans-1,4
G-1000 1400 85以上 15以下 75 68〜78 0.88
G-2000 1900 85以上 15以下 135 35〜55 0.88
G-3000 3000 90以上 10以下 310 27以上 0.88
主な用途

樹脂改質剤、ウレタン樹脂(塗料、接着剤、コーティング剤)、蒸着プライマー、離型剤、電気絶縁材料、TPUエラストマー

構造式

ページトップへ

水素化樹脂

BIシリーズ/水素化ポリブタジエン

BIシリーズは水素化ポリブタジエンです。化学的に安定で、耐光性、耐候性など経時的な安定性に優れます。

銘柄 数平均分子量 末端官能基 ヨウ素価
(Ig/100g)
粘度
(Poise/45℃)
水酸基価
(KOHmg/g)
比重
(25℃/4℃)
BI-2000 2200 - 21以下 50〜100 - 0.86
BI-3000 3300 - 21以下 100〜300 - 0.87
主な用途

樹脂改質剤、可塑剤、接着剤、粘着剤、塗料、電気絶縁材料、注型樹脂

構造式

ページトップへ

GIシリーズ/両末端水酸基水素化ポリブタジエン

GIシリーズは両末端に水酸基を有する水素化ポリブタジエンです。化学的安定性に加えて、活性部位として両末端に水酸基を有しています。

銘柄 数平均分子量 ヨウ素価
(Ig/100g)
粘度
(Poise/45℃)
水酸基価
(KOHmg/g)
比重
(25℃/4℃)
GI-1000 1500 21以下 80〜140 60〜75 0.88
GI-2000 2000 21以下 120〜250 40〜55 0.88
GI-3000 3100 21以下 250〜450 25〜35 0.88
主な用途

樹脂改質剤、ウレタン樹脂(塗料、接着剤、コーティング剤)、電気絶縁材料、TPUエラストマー、注型樹脂

構造式

ページトップへ

変性樹脂

JPシリーズ/エポキシ化ポリブタジエン

JPシリーズは1,2-ポリブタジエンのビニル基の酸化によりエポキシ基を導入したエポキシ化ポリブタジエンです。エポキシ樹脂組成物の共重合成分となります。JPシリーズのエポキシ導入は部分的であるため、1,2-ビニル構造に由来する可塑性、電気的物性は保持したままですので、汎用エポキシ樹脂とは異なる特徴的な硬化物を得ることができます。

銘柄 エポキシ当量
(g/eq)
粘度
(Poise/45℃)
JP-100 190〜210 220
JP-200 210〜240 1000
主な用途

樹脂改質剤、接着剤、塗料、封止材、エポキシ硬化

構造式

ページトップへ

TEシリーズ/末端アクリル基導入ポリブタジエン ウレタン結合型

TEシリーズはポリブタジエン、または水素化ポリブタジエンの両末端に、ウレタン結合を介して(メタ)アクリル基を有したポリブタジエンアクリレート樹脂です。(メタ)アクリル基の反応性により、粘接着剤、塗料など様々な組成物に用いることが可能です。

銘柄 粘度
(Poise/45℃)
アクリル当量
(g/eq)
TEAI-1000 2500〜4000 1200〜1600
TE-2000 1000〜3000 1600〜2300
主な用途

接着剤、粘着剤、UV硬化性樹脂、電気絶縁材料、注型樹脂

構造式

TE系

TE-2000
TEAI-1000

ページトップへ

TPシリーズ/末端イソシアネート基導入ポリブタジエン(溶剤希釈型)

TPシリーズはトリレンジイソシアネートを用いて、末端にイソシアネート基を導入した多官能性のポリブタジエン樹脂です。ポリイソシアネート成分としての利用のほか、当社のGQシリーズと組み合わせることにより、ポリブタジエンを主成分とする粘接着剤や塗料への応用が可能となります。当社のGQシリーズとの組み合わせを推奨します。

銘柄 樹脂分(%) 粘度(ガードナー)25℃ 含有する溶剤 硬化方式
TP-1001 50 A〜H 酢酸ブチル GQ樹脂による硬化、ポリオール硬化、湿気硬化
主な用途

木工用塗料、コーティング剤、電気絶縁塗料、粘・接着剤

構造式

ページトップへ

GQシリーズ/水酸基、カルボキシル基導入ポリブタジエン

GQシリーズは両末端水酸基ポリブタジエンを空気酸化することにより、主鎖中に水酸基、カルボキシル基を導入した多官能性のポリブタジエン樹脂です。イソシアネート化合物と組み合わせることにより、粘接着剤の原料として使用が可能です。当社のTPシリーズとの組み合わせを推奨します。

銘柄 樹脂分
(%)
粘度(ガードナー)25℃ 水酸基価
(KOHmg/g)
酸価
(KOHmg/g)
含有する
溶剤
硬化方式
GQ-1000 45 F〜J 45〜54 4〜8 キシレン TP樹脂による硬化、
イソシアネート硬化、加熱硬化
主な用途

蒸着プライマー、木工用塗料、耐食性塗料、コーティング剤、電気絶縁塗料、粘・接着剤

構造式
G-1000の空気酸化物
分子内に-OH基、-COOH基、-COOR基を有する

ページトップへ

物性表一覧

  物性
末端構造 オレフィンの変性 Mn 1,2Vinyl(%) 粘度(Poise/45℃) Tg(℃)
Bシリーズ B-1000 H なし 1,200 89 10 -44
B-2000 H なし 2,100 90 62 -29
B-3000 H なし 3,200 90 210 -21
BIシリーズ BI-2000 H 水素化 2,200 <7 60 -51
BI-3000 H 水素化 3,300 <7 180 -44
Gシリーズ G-1000 OH なし 1,400 91 75 -25
G-2000 OH なし 1,900 91 135 -19
G-3000 OH なし 3,000 91 310 -15
GIシリーズ GI-1000 OH 水素化 1,500 <7 105 -44
GI-2000 OH 水素化 2,000 <7 165 -42
GI-3000 OH 水素化 3,100 <7 315 -37
TEシリーズ TEAI-1000 ウレタンアクリレート 水素化 2,000 <7 3,000 -14
TE-2000 ウレタンメタクリレート なし 2,500 88 1,500 -9
JPシリーズ JP-100 H エポキシ化 1,300 >70 220 -16
JP-200 H エポキシ化 2,200 >70 1,000 -7

※ 物性値は代表値を示しています。

ページトップへ