PRODUCTS GUIDE

適用拡大と変更のお知らせ

アンレス 農林水産省登録:第10342号 (2010年6月23日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「りんご」「桑」「あかまつ」「すぎ」「ひのき」及び「からまつ」に使用液量「30〜60L/10a」が追加されました。
(2) 「効果・薬害などの注意」の記載事項が、一部変更されました。
  2.本剤は眼に対して強い刺激性があるので、眼に入らないよう注意してください。
  4.薬液調整時及び使用の際は保護メガネ、防護マスク・不浸透性手袋・不浸透性防除衣などを着用してください。
(3) 「効果・薬害などの注意」に、以下が追加されました。
  1. 街路、公園等で使用する場合は、使用中及び使用後(少なくとも使用当日)に小児や関係のない者が使用区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に影響を及ぼさないよう注意を払ってください。

〔適用病害鳥獣名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用病害鳥獣名 希釈倍数
(倍)
使用液量 使用時期 本剤の使用回数 チウラムを含む農薬の総使用回数 使用方法
りんご 野ウサギ
野ソ
10 30〜60
L/10a
5回以内 5回以内 樹幹部に散布
又は塗布する

あかまつ
すぎ
ひのき
からまつ




トップジンMゾル 農林水産省登録:第14228号 (2010年6月9日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「稲」に、適用病害名「紋枯病」が追加になりました。

〔適用病害名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用病害名 希釈倍数
(倍)
使用液量
(L/10a)
使用時期 本剤の
使用回数
使用方法 チオファネートメチルを含む農薬の総使用回数
いもち病 500〜1000 収穫14日前まで 3回以内 散布 3回以内
(種子への処理は1回以内)
原液 0.2 空中散布
4 0.8
4〜8 無人ヘリコプターによる散布
変色米(エピコッカム菌) 4〜8
500 散布
墨黒穂病 1000
紋枯病




日曹フロンサイドSC 農林水産省登録:第18751号 (2010年5月26日付)

<変更内容の概要>
(1)作物名「小麦」(適用病害虫名:紅色雪腐病、雪腐小粒菌核病)が追加になりました。
(2)作物名「てんさい」に、適用病害虫名「黒根病」が追加になりました。
(3)下記の作物名に 『使用液量』が追加され、『使用方法』が以下のとおり変更になりました。
  1. 作物名「りんご」「なし」「ネクタリン」「もも」「うめ」「小粒核果類(うめを除く)」「ぶどう」「びわ」「おうとう」「いちじく」の希釈倍数「500倍」に、使用液量「50〜100L/樹」が追加され、使用方法が「土壌灌注」に変更されました。
  2. 作物名「りんご」「なし」「ネクタリン」「もも」「ぶどう」「びわ」の希釈倍数「1000倍」に、使用液量『100〜200L/樹』が追加され、使用方法が「土壌灌注」に変更されました。
  3. 作物名「りんご(苗木)」の適用病害虫名「白紋羽病、紫紋羽病」に、使用液量「25〜50L/樹」が追加され、使用方法が「土壌灌注」に変更されました。
  4. 作物名「ゆり」に、使用液量「3L/u」が追加され、使用方法が「土壌灌注」に変更されました。
(4)「効果・薬害などの注意」に(2)が追加となり、以降の番号は繰り下げになりました。
  2.使用量に合わせ薬液を調整し、使いきってください。

〔適用病害虫と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用病害虫名 希釈倍数
(倍)
使用液量
(L/10a)
使用時期 本剤の
使用回数
使用方法 フルアジナムを含む農薬の総使用回数
小麦 紅色雪腐病
雪腐小粒菌核病
1000 60〜150 根雪前 2回以内 散布 3回以内(は種前は1回以内、は種後は2回以内)
りんご 斑点落葉病
黒星病
すす点病
すす斑病
褐斑病
2000〜2500 200〜700 収穫45日前まで 1回 散布 2回以内
(散布は1回以内、土壌灌注は1回以内)
輪紋病
モニリア病
2000
白紋羽病
紫紋羽病
500 50〜100 土壌灌注
1000 100〜200
りんご
(苗木)
紫紋羽病 500 植付時 20分間
苗木浸漬
2回以内
(苗木浸漬は1回以内、土壌灌注は1回以内)
白紋羽病
紫紋羽病
25〜50 植付後
但し、収穫開始1年前まで
土壌灌注
なし 黒斑病
黒星病
2000〜2500 200〜700 収穫30日前まで 散布 2回以内
(散布は1回以内、土壌灌注は1回以内) 
輪紋病 2000
白紋羽病 500 50〜100 土壌灌注
1000 100〜200
ネクタリン 500 50〜100 1回
1000 100〜200
もも 灰星病
ホモプシス腐敗病
2000 200〜700 収穫7日前まで 1回 散布 2回以内
(散布は1回以内、土壌灌注は1回以内)
白紋羽病 500 50〜100 収穫30日前まで 土壌灌注
1000 100〜200
うめ 黒星病
灰色かび病
2000 200〜700 発芽期まで
但し、収穫60日前まで
散布 2回以内 
(散布は1回以内、土壌灌注は1回以内)
白紋羽病 500 50〜100 収穫後から開花前まで
但し、収穫60日前まで
土壌灌注
小粒核果類
(うめを除く)
白紋羽病 500 50〜100 収穫後から開花前まで
但し、収穫60日前まで
土壌灌注 1回
ぶどう 晩腐病
黒とう病
べと病
灰色かび病
枝膨病 
2000 200〜700 開花直前〜落弁期
但し、収穫60日前まで
散布 2回以内
(散布は1回以内、土壌灌注は1回以内)
白紋羽病 500 50〜100 収穫21日前まで 土壌灌注
1000 100〜200
びわ 灰斑病 2000 200〜700 収穫7日前まで 散布
白紋羽病 500 50〜100 収穫後から開花前まで 土壌灌注
1000 100〜200
おうとう 白紋羽病 500 50〜100 収穫30日前まで 1回
いちじく
てんさい 根腐病 1000〜2000 100〜300 収穫30日前まで 4回以内 株元散布 5回以内
(は種前の土壌混和及び苗床灌注は合計1回以内、株元散布は4回以内)
黒根病 100 3L/m2 移植前 1回 苗床土壌灌注
ゆり 茎腐症
(リゾープス菌による)
500 3L/m2 定植後 2回以内 土壌灌注 3回以内




日曹フェニックス顆粒水和剤 農林水産省登録:第21917号 (2010年5月26日付)

<変更内容の概要>
(1)作物名「花き類・観葉植物(きくを除く)」(適用害虫名:ハスモンヨトウ)が追加になりました。
(2)作物名「きく」に、適用害虫名「ハスモンヨトウ」が追加になりました。

〔適用病害虫と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用害虫名 希釈倍数
(倍)
使用液量
(L/10a)
使用時期 本剤の
使用回数
使用方法 フルベンジアミドを含む農薬の
総使用回数
花き類・観葉植物(きくを除く) ハスモンヨトウ 2000 100〜300 発生初期 4回以内 散布 4回以内
きく ハスモンヨトウ
オオタバコガ




アグロケア水和剤 農林水産省登録:第22516号 (2010年5月26日付)

<変更内容の概要>
(1)作物名「食用ゆり」(適用病害名:灰色かび病、うどんこ病、葉枯病)が追加になりました。
(2)作物名「ガーベラ」(適用病害名:うどんこ病)が追加になりました。
(3)作物名「ペチュニア」(適用病害名:うどんこ病)が追加になりました。
(4)作物名「なし」(適用病害名:黒星病)が追加になりました。
(5)作物名「野菜類(トマト、ミニトマトを除く)」及び「トマト、ミニトマト」の適用病害名「灰色かび病」及び「うどんこ病」の希釈倍数に「2000倍」が追加になりました。
(6)作物名「野菜類(トマト、ミニトマトを除く)」が、「野菜類(トマト、ミニトマト、食用ゆりを除く)」に変更になりました。

〔適用病害虫と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用病害名 希釈倍数(倍) 使用液量(L/10a) 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 バチルス ズブチリスを含む農薬の総使用回数
野菜類
(トマト、ミニトマト、食用ゆりを除く)
灰色かび病
うどんこ病
1000〜2000 100〜300 収穫前日まで 散布
トマト
ミニトマト
灰色かび病
うどんこ病
1000〜2000
葉かび病 1000
食用ゆり 灰色かび病
うどんこ病
1000〜2000
葉枯病 1000
ガーベラ うどんこ病
ペチュニア
なし 黒星病 1000〜2000 200〜700




日曹カンタスドライフロアブル 農林水産省登録:第21469号 (2010年5月19日付)

<変更内容の概要>
(1)作物名「たまねぎ」に、適用病害名「小菌核病」が追加になりました。
(2)作物名「ピーマン」に、適用病害名「黒枯病」が追加になりました。
(3)作物名「ししとう」(適用病害名:灰色かび病、黒枯病)が追加になりました。
(4)作物名「さやえんどう」(適用病害名:灰色かび病)が追加になりました。
(5)作物名「くきちしゃ」(適用病害名:灰色かび病、菌核病)が追加になりました。
(6)作物名「だいず」(適用病害名:菌核病)が追加になりました。
(7)作物名「非結球レタス」の使用時期が、「収穫21日前まで」から「収穫14日前まで」に変更されました。

〔適用病害虫と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用病害名 希釈倍数
(倍)
使用液量
(L/10a)
使用時期 本剤の使用回数 使用方法 ボスカリドを含む農薬の総使用回数
非結球レタス 灰色かび病
菌核病
1000〜1500 100〜300 収穫14日前まで 1回 散布 1回
くきちしゃ 灰色かび病
菌核病
収穫7日前まで 2回以内 2回以内
さやえんどう 灰色かび病 1000 収穫前日まで
たまねぎ 灰色腐敗病
灰色かび病
1000〜1500 3回以内 3回以内
小菌核病 1500
だいず 菌核病 収穫7日前まで
ピーマン 灰色かび病
黒枯病
1000〜1500 収穫前日まで
ししとう 灰色かび病
黒枯病
2回以内 2回以内




日曹ピラニカEW 農林水産省登録:第18345号 (2010年5月12日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「いちご」の、「本剤の使用回数」と「デブフェンピラドを含む農薬の総使用回数」が「1回」から「2回以内」に変更されました。

〔適用病害虫と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用病害虫名 希釈倍数
(倍)
使用液量
(L/10a)
使用時期 本剤の使用回数 使用方法 テブフェンピラドを含む農薬の総使用回数
いちご ハダニ類 2000〜3000 150〜300 収穫前日まで 2回以内 散布 2回以内
アブラムシ類
うどんこ病
2000




日曹シーマージェット 農林水産省登録:第19177号 (2010年5月12日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「いちご」の、「本剤の使用回数」と「デブフェンピラドを含む農薬の総使用回数」及び 「BPMCを含む農薬の総使用回数」が 「1回」から「2回以内」に変更されました。

〔適用病害虫名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
適用場所 作物名 適用病害虫名 使用量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 テブフェンピラドを含む農薬の総使用回数 BPMCを含む農薬の総使用回数
温室・ビニールハウスなど密閉できる場所 いちご ハダニ類
アブラムシ類
うどんこ病
くん煙室容積400m³
(床面積200m²×高さ2m)
当たり75g
収穫前日まで 2回以内 くん煙 2回以内 2回以内




日曹コテツフロアブル 農林水産省登録:第19186号 (2010年5月12日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「たらのき」(適用害虫名:ハダニ類)が追加になりました。
(2) 作物名「はまぼうふう(葉)」(適用害虫名:ハダニ類)が追加になりました。
(3) 作物名「うど」(適用害虫名:シクラメンホコリダニ)が追加になりました。
(4) 作物名「ふき(ふきのとう)」(適用害虫名:ハスモンヨトウ、ハダニ類)が追加になりました。
(5) 作物名「きく(葉)」(適用害虫名:ミカンキイロアザミウマ、ミナミキイロアザミウマ、ヨトウムシ類、ハダニ類、オオタバコガ、アワダチソウグンバイ)が追加になりました。
(6) 作物名「レタス」の使用時期が、「収穫前日まで」に変更になりました。
(7) 作物名「食用ぎく」に、適用害虫名「ヨトウムシ類」が追加になりました。

〔適用害虫名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用害虫名 希釈倍数
(倍)
使用液量
(L/10a)
使用時期 本剤の使用回数 使用方法 クロルフェナピルを含む農薬の総使用回数
レタス ハスモンヨトウ
オオタバコガ
ナモグリバエ
ヨトウムシ
2000 100〜300 収穫前日まで 2回以内 散布 2回以内
たらのき ハダニ類 収穫90日前まで 2回以内 2回以内
はまぼうふう(葉) 親株養成期
但し、収穫90日前まで
3回以内 3回以内
うど シクラメンホコリダニ 根株養成期
但し、収穫75日前まで
2回以内 2回以内
ふき(ふきのとう) ハスモンヨトウ
ハダニ類
収穫90日前まで
食用ぎく ミカンキイロアザミウマ
ミナミキイロアザミウマ
ヨトウムシ類
ハダニ類
オオタバコガ
アワダチソウグンバイ
収穫7日前まで 2回以内 2回以内
きく(葉) ミカンキイロアザミウマ
ミナミキイロアザミウマ
ヨトウムシ類
ハダニ類
オオタバコガ
アワダチソウグンバイ
収穫7日前まで 2回以内 2回以内




ベフラン液剤25 農林水産省登録:第21467号 (2010年5月12日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「かんきつ(みかんを除く)」を、「かんきつ(みかん、ゆずを除く)」と「ゆず」に分けて記載し、作物名 「ゆず」に適用病害名 「幹腐病」を追加しました。

〔適用病害名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用病害名 希釈倍数(倍)
または使用量
使用時期 本剤の使用回数 使用方法 イミノクタジンを含む農薬の総使用回数
かんきつ
(みかん、ゆずを除く)
貯蔵病害
(青かび病、緑かび病)
2000〜3000 収穫前日まで 2回以内 散布 2回以内
貯蔵病害
(黒腐病、白かび病)
2000
ゆず 貯蔵病害
(青かび病、緑かび病)
2000〜3000 2回以内 2回以内
貯蔵病害
(黒腐病、白かび病)
2000
幹腐病




日曹ベフキノン水和剤 農林水産省登録:第21514号 (2010年5月12日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「麦類(小麦を除く)」(適用病害名:雪腐小粒菌核病、紅色雪腐病)の、『有機銅を含む農薬の総使用回数』が「3回以内(種子への処理は1回以内、は種後は2回以内)」から、「2回以内」へ変更になりました。
(2) 作物名「りんご」、「みかん」、「なし」に使用液量「200〜700L/10a」を、及び作物名「麦類(小麦を除く)」、「小麦」に、使用液量「100〜200L/10a」を追加しました。

〔適用病害名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用病害名 希釈倍数
(倍)
使用液量
(L/10a)
使用時期 本剤の使用回数 使用方法 イミノクタジンを含む農薬の総使用回数 有機銅を含む農薬の総使用回数
りんご 斑点落葉病 750〜1000 200〜700 収穫14日前まで 3回以内 散布 8回以内
(液剤及び水和剤は合計6回以内(開花期以降は3回以内)、塗布剤は2回以内)
7回以内(塗布は3回以内、散布は4回以内)
輪紋病
すす点病
すす斑病
褐斑病
炭疽病
1000
みかん 灰色かび病
そうか病
黒点病
収穫30日前まで 3回以内 5回以内
なし 黒星病
黒斑病
輪紋病
収穫45日前まで 4回以内 5回以内
(塗布剤は2回以内、液剤は1回以内)
9回以内
麦類
(小麦を除く)
雪腐小粒菌核病
紅色雪腐病
300 100〜200 根雪前 2回以内 3回以内
(種子への処理は1回以内、散布は2回以内)
2回以内
小麦 4回以内
(種子への処理は1回以内、散布及び無人ヘリ散布は合計3回以内、出穂期以降は1回以内)
5回以内
(種子への処理は1回以内)




ディプテレックス乳剤 農林水産省登録:第3233号 (2010年5月12日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名 「とうき」 (適用害虫名 : 「キアゲハ」) が追加されました。
(2) 作物名 「食用へちま」 (適用害虫名 : 「ヒメクロウリハムシ」)が追加されました。
(3) 作物名 「みずいも」 (適用害虫名 : 「ハスモンヨトウ」) が追加されました。
(4) 作物名 「かんしょ(茎葉)」(適用害虫名 : 「ナカジロシタバ」) が追加されました。

〔適用病害虫と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用害虫名 希釈倍数
(倍)
使用時期 本剤の使用回数 使用方法 DEPを含む農薬の総使用回数
食用へちま ヒメクロウリハムシ 1000 7日 3回 散布 3回
みずいも ハスモンヨトウ 14日
かんしょ(茎葉) ナカジロシタバ 21日 2回 2回
とうき キアゲハ 2000 30日 3回 3回




ラビサンスプレー 農林水産省登録:第14034号 (2010年4月21日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「茶」の適用害虫名「ミカントゲコナジラミ」に、使用時期「5〜9月」、希釈倍数「100〜150倍」が追加になりました。
(2) 作物名「かんきつ」の使用時期「夏期(6〜7月中旬)及び「冬期(12〜3月)の適用害虫名「ヤノネカイガラムシ」及び「サンホーゼカイガラムシ」が「カイガラムシ類」に変更になりました。

〔適用害虫名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用害虫名 希釈倍数
(倍)
使用時期 本剤の使用回数 使用方法 マシン油を含む農薬の総使用回数
かんきつ カイガラムシ類 100〜200 夏期
(6〜7月中旬)
散布
70 冬期
(12〜3月)
ミカンハダニ 100〜200 春〜夏期
(4〜7月中旬)
70 冬期
(12〜3月)
クワシロカイガラムシ
ハダニ類
70〜100 10〜3月
100〜150 5〜9月
ミカントゲコナジラミ 100〜150 5〜9月
75 10〜3月




トップジンMゾル 農林水産省登録:第14228号 (2010年4月21日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「稲」に、適用病害名「墨黒穂病」が追加になりました。

〔適用病害名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用病害名 希釈倍数
(倍)
使用液量
(L/10a)
使用時期 本剤の使用回数 使用方法 チオファネートメチルを含む農薬の総使用回数
墨黒穂病 1000 収穫14日前まで 3回以内 散布 3回以内
(種子への処理は1回以内)
いもち病 500〜1000
原液 0.2 空中散布
4 0.8
4〜8 無人ヘリコプターによる散布
変色米(エピコッカム菌) 4〜8
500 散布




トップジンM水和剤 農林水産省登録:第11573号 (2010年4月7日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「りんご」に、適用病害名「すす点病」、「すす斑病」、希釈倍数「1500倍」が追加になりました。
(2) 作物名「ししとう」(適用病害名:黒枯病)が追加になりました。

〔適用病害名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用病害名 希釈倍数
(倍)
使用液量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 チオファネートメチルを含む農薬の総使用回数
りんご 黒星病
うどんこ病
黒点病
褐斑病
1500〜2000 収穫前日まで 6回以内 散布 10回以内
(塗布は3回以内、灌注は1回以内、散布は6回以内)
腐らん病
モニリア病(実腐れ)
1000〜1500
輪紋病
すす点病
すす斑病
1500
白紋羽病 500〜1000 休眠期〜生育期 1回 灌注
ししとう 黒枯病 10000 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内




日曹フロンサイド水和剤 農林水産省登録:第17557号 (2010年4月7日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「小麦」の、「フルアジナムを含む農薬の総使用回数」を「2回以内」から「3回以内(は種前は1回以内、は種後は2回以内)」に変更になりました。
(2) 作物名「小麦」に、適用病害虫名「縞萎縮病」が追加になりました。
(3) 「効果・薬害などの注意」、(8)が変更となりました。
  1. 全面散布後土壌混和で使用する場合、所定量の薬量を均一に散布し、土壌と十分混和してください。降雨直後の処理は混和むらの原因となるので避けてください。

〔適用病害虫名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用病害虫名 希釈倍数
(倍)
使用液量
(L/10a)
使用時期 本剤の使用回数 使用方法 フルアジナムを含む農薬の総使用回数
小麦 紅色雪腐病
雪腐小粒菌核病
雪腐大粒菌核病
1000 60〜150 根雪前 2回以内 散布 3回以内
(は種前は1回以内、は種後は2回以内)
雪腐小粒菌核病 250 25

作物名 適用病害虫名 使用量 使用時期 本剤の使用回数 フルアジナムを含む農薬の総使用回数 使用方法
薬量
(g/10a)
希釈水量
(L/10a)
小麦 縞萎縮病 600 100 は種前 1回 全面散布後
土壌混和
3回以内
(は種前は1回以内、は種後は2回以内)




ベルクートフロアブル 農林水産省登録:第19884号 (2010年4月7日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「アイリス」(適用病害名:青かび病)が追加になりました。

〔適用病害名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用病害名 希釈倍数
(倍)
散布量
(L/10a)
使用時期 本剤の使用回数 使用方法 イミノクタジンを含む農薬の総使用回数
アイリス 青かび病 100 植付前 1回 10分間球根浸漬 5回以内
(球根浸漬は1回以内)
200 30分間球根浸漬




モスピランSL液剤 農林水産省登録:第20641号 (2010年4月7日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「かんきつ」に、適用害虫名「ミカンバエ」が追加になりました。

〔適用害虫名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用害虫名 希釈倍数
(倍)
使用液量
(L/10a)
使用時期 本剤の使用回数 使用方法 アセタミプリドを含む農薬の総使用回数
かんきつ アブラムシ類
ミカンハモグリガ
コアオハナムグリ
ケシキスイ類
4000 200〜700 収穫14日前まで 3回以内 散布 3回以内
アザミウマ類
カイガラムシ類
ゴマダラカミキリ成虫
カメムシ類
ミカンバエ
2000〜4000
ゴマダラカミキリ 400 30〜75 主幹から株元に散布




ハーモメイト水溶剤 農林水産省登録:第18787号 (2010年4月7日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「ホップ」(適用病害名「灰色かび病」、「うどんこ病」)が追加になりました。

〔適用病害名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用病害名 希釈倍数
(倍)
使用液量
(L/10a)
使用時期 本剤の使用回数 使用方法 炭酸水素ナトリウムを含む農薬の総使用回数
ホップ 灰色かび病
うどんこ病
800 200〜500 収穫前日まで 散布




モスピラン粒剤 農林水産省登録:第19114号 (2010年3月17日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「セルリー」の、アセタミプリドを含む農薬の総使用回数が「1回」から「2回以内(定植時の土壌混和は1回以内)」に変更されました。

〔適用害虫名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用害虫名 使用量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 アセタミプリドを含む農薬の総使用回数
セルリー アブラムシ類 0.5g/株 定植時 1回 植穴土壌混和 2回以内
(定植時の土壌混和は1回以内)




トリフミン水和剤 農林水産省登録:第16300号 (2010年3月17日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「にんにく」(適用病害名:葉枯病)が追加になりました。

〔適用病害名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用病害名 希釈倍数
(倍)
使用時期 本剤の使用回数 使用方法 トリフルミゾールを含む農薬の総使用回数
にんにく 葉枯病 2000 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内




日曹スカウトフロアブル 農林水産省登録:第17253号 (2010年3月3日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「かんきつ」が、「かんきつ(みかんを除く)」と「みかん」に分離し、「かんきつ(みかんを除く)」の使用時期が「収穫前日まで」に変更になりました。
(2) 作物名「ネクタリン」(適用害虫名:モモハモグリガ、シンクイムシ類、アブラムシ類)が追加になりました。
(3) 作物名「あんず」が、「小粒核果類(うめ、すももを除く)」に、使用時期が「収穫14日前まで」に変更になりました。
(4) 作物名「うめ」の使用時期が、「収穫前日まで」に変更になり、「本剤の使用回数」及び「トラロメトリンを含む農薬の総使用回数」がそれぞれ「3回以内」に変更になりました。
(5) 作物名「花き類・観葉植物(ばら、きく、宿根かすみそう、グラジオラス、トルコギキョウ、りんどうを除く)」に、適用害虫名「アブラムシ類」が追加になりました。
(6) 作物名「かき」の、適用害虫名「チャノキイロアザミウマ」「カキクダアザミウマ」が「アザミウマ類」に変更になりました。
(7) 作物名「グラジオラス」、「トルコギキョウ」、「りんどう」に、適用害虫名「アブラムシ類」が追加になりました。

〔適用害虫名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用害虫名 希釈倍数
(倍)
使用時期 本剤使用回数 使用方法 トラロメトリンを含む農薬の総使用回数
うめ アブラムシ類
カメムシ類
2000 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内
かき カキノヘタムシガ 1500〜2000 収穫7日前まで 5回以内 散布 5回以内
アザミウマ類 2000
カメムシ類 1500
かんきつ
(みかんを除く)
チャノキイロアザミウマ
ミカンハモグリガ
2000〜4000 収穫前日まで 5回以内 散布 5回以内
みかん チャノキイロアザミウマ
ミカンハモグリガ
2000〜4000 収穫3日前まで 5回以内 散布 5回以内
小粒核果類
(うめ、すももを除く)
アブラムシ類 2000 収穫14日前まで 1回 散布 1回
花き類・観葉植物
(ばら、きく、宿根かすみそう、グラジオラス、トルコギキョウ、りんどうを除く)
アブラムシ類 2000 5回以内 散布 5回以内
グラジオラス
トルコギキョウ
アザミウマ類
アブラムシ類
2000 5回以内 散布 5回以内
りんどう ヒラズハナアザミウマ
アブラムシ類
ネクタリン モモハモグリガ
シンクイムシ類
2000〜3000 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内
アブラムシ類 2000




ラービンベイト2 農林水産省登録:第17100号 (2010年3月3日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「はくさい」に、適用害虫名「ナメクジ類」が追加になりました。
(2) 作物名「かんきつ」が、「果樹類(りんご、かき、かんきつ、もも、なしを除く)」、「りんご」「かき」「かんきつ」「もも」および「なし」に変更になりました。
(3) 「効果・薬害などの注意」が変更になりました。
  1. 果樹類に使用する場合には、作物体にふれないように配慮してください。
(4) 「効果・薬害などの注意」が追加になりました。
  1. 多雨により効果が低下するおそれがあるので、本剤の処理後に降雨が予想される場合は注意してください。

〔適用害虫名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用害虫名 10アール当たり使用量 使用時期 本剤使用回数 チオジカルブを含む農薬の総使用回数 使用方法
果樹類
(りんご、かき、かんきつ、もも、なしを除く)
ナメクジ類 4Kg 発生期 作物にふれないように配置する
りんご 散布は3回以内、配置の総使用回数は定められていない
かき
かんきつ
もも
なし
はくさい ネキリムシ類 3〜4Kg 収穫45日前まで 2回以内 2回以内 株元散布
ナメクジ類 4Kg




日曹ラービン水和剤75 農林水産省登録:第21898号 (2010年3月3日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「りんご」「もも」「なし」の、「チオジカルブを含む農薬の総使用回数」が、「3回以内」から「散布は3回以内、配置の総使用回数は定められていない」に変更になりました。

〔適用病害名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用害虫名 希釈倍数
(倍)
使用時期 本剤使用回数 使用方法 チオジカルブを含む農薬の総使用回数
りんご シンクイムシ類
ハマキムシ類
1000〜1500 収穫14日前まで 3回以内 散布 散布は3回以内、配置の総使用回数は定められていない
もも シンクイムシ類 1000〜1500 収穫7日前まで
なし ナシチビガ
シンクイムシ類
1000〜1500
ハマキムシ類 1000
ケムシ類 1500




日曹フロンサイド水和剤 農林水産省登録:第17557号 (2010年3月3日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「ばれいしょ」の、「フルアジナムを含む農薬の総使用回数」が、「6回以内(種いも浸漬は1回以内、植付前の土壌混和は1回以内、散布は4回以内)」に変更になりました。
(2) 作物名「たまねぎ」の、「フルアジナムを含む農薬の総使用回数」が、「6回以内(苗根部浸漬は1回以内、散布は5回以内)」に変更になりました。
(3) 「効果・薬害などの注意」が変更になりました。
  1. ばれいしょ、たまねぎ及び小麦に対して少量散布で使用する場合は、少量散布に適合したノズルを装着した乗用型の地上液剤散布装置を使用してください。

〔適用病害虫名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用病害虫名 希釈倍数
(倍)
使用液量
(L/10a)
使用時期 本剤の使用回数 使用方法 フルアジナムを含む農薬の総使用回数
ばれいしょ 菌核病 1000〜2000 100〜300 収穫14日前まで 4回以内 散布 6回以内
(種いも浸漬は1回以内、植付前の土壌混和は1回以内、散布は4回以内)
疫病 1000〜2000 100〜300
500 25
800 40
夏疫病 2000 100〜300
そうか病 100 植付前 1回 種いも瞬間浸漬
たまねぎ 白色疫病 1000 100〜300 収穫7日前まで 5回以内 散布 6回以内
(苗根部浸漬は1回以内、散布は5回以内)
灰色腐敗病
べと病
灰色かび病
1000〜2000
灰色かび病 500 25
乾腐病 50 定植直前 1回 5分間苗根部浸漬

作物名 適用病害虫名 使用量 使用時期 本剤の使用回数 フルアジナムを含む農薬の総使用回数 使用方法
薬量
(g/10a)
希釈水量
(L/10a)
ばれいしょ 粉状そうか病
塊茎褐色
輪紋病
600 100 植付前 1回 6回以内
(種いも浸漬は1回以内、植付前の土壌混和は1回以内、散布は4回以内)
全面散布後
土壌混和




日曹フロンサイドSC 農林水産省登録:第18751号 (2010年3月3日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「ネクタリン」(適用病害名:白紋羽病)が追加になりました。
(2) 作物名「カリフラワー」(適用病害名:根こぶ病)が追加になりました。
(3) 作物名「ばれいしょ」(適用病害名:疫病、そうか病、粉状そうか病)が追加になりました。
(4) 作物名「てんさい」(適用病害名:根腐病)が追加になりました。
(5) 作物名「かんきつ」「りんご」「なし」「もも」「うめ」「ぶどう」「びわ」「キウイフルーツ」「かき」の使用方法「散布」について、使用液量「200〜700L/10a」が追加になりました。
(6) 作物名「茶」に、使用液量「200〜400L/10a」が追加になりました。
(7) 作物名「りんご」「なし」「もも」「ぶどう」「びわ」の希釈倍数「500倍」又は「1000倍」について、また、作物名「りんご(苗木)」「うめ」「小粒核果類(うめを除く)」「おうとう」「いちじく」「ゆり」の希釈倍数「500倍」について、使用液量「−」が追加になりました。
(8) ばれいしょに対して少量散布で使用する場合は、少量散布に適合したノズルを装着した乗用型の地上液剤散布装置を使用してください。

〔適用病害名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用病害虫名 希釈倍数
(倍)
使用液量
(L/10a)
使用時期 本剤の使用回数 使用方法 フルアジナムを含む農薬の総使用回数
かんきつ そうか病
灰色かび病
2000〜2500 200〜700 収穫30日前まで 1回 散布 1回
黒点病
ミカンハダニ
ミカンサビダニ
チャノホコリダニ
2000
りんご 斑点落葉病
黒星病
すす点病
すす斑病
褐斑病
2000〜2500 200〜700 収穫45日前まで 1回 2回以内
(散布は1回以内、土壌灌注は1回以内)
輪紋病
モニリア病
2000
白紋羽病
紫紋羽病
500 1樹当り50〜100L
土壌灌注
1000 1樹当り100〜200L
土壌灌注
なし 黒斑病
黒星病
2000〜2500 200〜700 収穫30日前まで 1回 散布
輪紋病 2000
白紋羽病 500 1樹当り50〜100L
土壌灌注
1000 1樹当り100〜200L
土壌灌注
もも 灰星病
ホモプシス腐敗病
2000 200〜700 収穫7日前まで 1回 散布 2回以内
(散布は1回以内、土壌灌注は1回以内)
白紋羽病 500 収穫30日前まで 1樹当り50〜100L
土壌灌注
1000 1樹当り100〜200L
土壌灌注
うめ 黒星病
灰色かび病
2000 200〜700 発芽期まで但し、収穫60日前まで 1回 散布 2回以内
(散布は1回以内、土壌灌注は1回以内)
白紋羽病 500 収穫後から開花前まで但し、収穫60日前まで 1樹当り50〜100L
土壌灌注
小粒核果類
(うめを除く)
白紋羽病 500 収穫後から開花前まで但し、収穫60日前まで 1樹当り50〜100L
土壌灌注
1回
ぶどう 晩腐病
黒とう病
べと病
灰色かび病
枝膨病
2000 200〜700 開花直前〜落弁期但し、収穫60日前まで 1回 散布 2回以内
(散布は1回以内、土壌灌注は1回以内)
白紋羽病 500 収穫21日前まで 1樹当り50〜100L
土壌灌注
1000 1樹当り100〜200L
土壌灌注
びわ 灰斑病 2000 200〜700 収穫7日前まで 1回 散布
白紋羽病 500 収穫後から開花前まで 1樹当り50〜100L
土壌灌注
1000 1樹当り100〜200L
土壌灌注
りんご(苗木) 紫紋羽病 500 植付時 1回 20分間苗木浸漬 2回以内
(苗木浸漬は1回以内、土壌灌注は1回以内)
白紋羽病
紫紋羽病
植付後但し、収穫開始1年前まで 1樹当り25〜50L
土壌灌注
キウイフルーツ 灰色かび病
果実軟腐病
2000 200〜700 収穫30日前まで 1回 散布 1回
かき 落葉病
炭疽病
灰色かび病
200〜700 収穫45日前まで
炭疽病
輪斑病
新梢枯死症
(輪斑病菌による)
もち病
網もち病
灰色かび病
褐色円星病
チャノホコリダニ
200〜400 摘採14日前まで
おうとう 白紋羽病 500 収穫30日前まで 1樹当り50〜100L
土壌灌注
ゆり 茎腐症
(リゾープス菌による)
500 定植後 2回以内 3L/m²
土壌灌注
3回以内
いちじく 白紋羽病 500 収穫30日前まで 1回 1樹当り50〜100L
土壌灌注
1回
ネクタリン 白紋羽病 500 収穫30日前まで 1回 1樹当り50〜100L
土壌灌注
1回
1000 1樹当り100〜200L
土壌灌注
ばれいしょ 疫病 500 25L/10a 収穫14日前まで 4回以内 散布 6回以内
(種いも浸漬は1回以内、植付前の土壌混和は1回以内、散布は4回以内)
そうか病 100 植付前 1回 種いも瞬間浸漬
てんさい 根腐病 1000〜2000 100〜300 収穫30日前まで 4回以内 株元散布 5回以内
(は種前の土壌混和及び苗床灌注は合計1回以内、株元散布は4回以内)

作物名 適用病害虫名 使用量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 フルアジナムを含む農薬の総使用回数
薬量 希釈水量
カリフラワー 根こぶ病 500mL/10a 100〜150L/10a 定植前 1回 全面散布後
土壌混和
1回
ばれいしょ 粉状そうか病 600mL/10a 100L/10a 植付前 1回 全面散布後
土壌混和
6回以内
(種いも浸漬は1回以内、植付前の土壌混和は1回以内、散布は4回以内)




トップジンM粉剤DL 農林水産省登録:第22103号 (2010年2月17日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「稲」(適用病害名:いもち病)が追加になりました。
(2) 「効果・薬害など注意」が追加になりました。
  1. 本剤を散布した稲わらは家畜の飼料に使用しないでください。

〔適用病害名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用病害名 使用量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 チオファネートメチルを含む農薬の総使用回数
いもち病 3〜4kg/10a 収穫14日前まで 3回以内 散布 3回以内
(種子への処理は1回以内)




ベトファイター顆粒水和剤 農林水産省登録:第22397号 (2010年2月17日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「ミニトマト」(適用病害名:疫病)が追加になりました。
(2) 作物名「ぶどう」(適用病害名:べと病)が追加になりました。

〔適用病害名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用病害名 希釈倍数
(倍)
使用液量
(L/10a)
使用時期 本剤の使用回数 シモキサニルを含む農薬の総使用回数 ベンチアバリカルブイソプロピルを含む農薬の総使用回数 使用方法
ミニトマト 疫病 2000 100〜300 収穫前日まで 3回以内 3回以内 3回以内 散布
ぶどう べと病 2000〜3000 200〜700 収穫30日前まで 3回以内 3回以内 3回以内




モスピラン水溶剤 農林水産省登録:第19112号 (2010年2月3日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「かぼちゃ」の、「アセタミプリドを含む農薬の総使用回数」が、「3回以内(は種時または定植時の土壌混和は合計1回以内、散布は2回以内)」に変更になりました。
(2) 作物名「ねぎ」の、適用害虫名「ネギアザミウマ」が「アザミウマ類」に変更になりました。
(3) 作物名「らっきょう」の、適用害虫名「ネギアザミウマ」が「アザミウマ類」に変更になりました。
(4) 作物名「たまねぎ」の、適用害虫名「ネギアザミウマ」が「アザミウマ類」に変更になりました。
(5) 作物名「アスパラガス」の、適用害虫名「ネギアザミウマ」が「アザミウマ類」に変更になりました。
(6) 作物名「ぶどう」の、適用害虫名「チャノキイロアザミウマ」が「アザミウマ類」に変更になりました。
(7) 作物名「もも」の、適用害虫名「ミカンキイロアザミウマ」が「アザミウマ類」に変更になりました。
(8) 作物名「マンゴー」の、適用害虫名「チャノキイロアザミウマ」が「アザミウマ類」に変更になりました。
(9) 作物名「おうとう」の、適用害虫名「チャノキイロアザミウマ」が「アザミウマ類」に変更になりました。
(10) 作物名「きく」「ばら」「ガーベラ」「ほおずき」の、適用害虫名が「アザミウマ類」に変更になりました。
(11) 作物名「ネクタリン」の、適用害虫名「ミカンキイロアザミウマ」が「アザミウマ類」に変更になりました。
(12) 作物名「さんしょう(葉)」「さんしょう(果実)」の、適用害虫名「チャノキイロアザミウマ」が「アザミウマ類」に変更になりました。
(13) 作物名「すいか」の、適用害虫名「ミカンキイロアザミウマ」が「アザミウマ類」に変更になりました。
(14) 作物名「トマト」「ミニトマト」の、適用害虫名「ヒラズハナアザミウマ」が「アザミウマ類」に変更になりました。
(15) 作物名「いちご」の、適用害虫名「ヒラズハナアザミウマ」「ミカンキイロアザミウマ」が「アザミウマ類」に変更になりました。

〔適用害虫名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用害虫名 希釈倍数
(倍)
使用液量
(L/10a)
使用時期 本剤の使用回数 使用方法 アセタミプリドを含む農薬の総使用回数
かぼちゃ アブラムシ類 2000 100〜300 収穫前日まで 2回以内 散布 3回以内
(は種または定植時の土壌混和は合計1回以内、散布は2回以内
ねぎ アザミウマ類 2000 100〜300 収穫7日前まで 3回以内 散布 3回以内
(は種時の土壌混和は1回以内、植付時の土壌混和及び定植当日までの株元散布は合計1回以内)
らっきょう アザミウマ類 2000 100〜300 収穫14日前まで 3回以内 散布 3回以内
たまねぎ アザミウマ類 2000 100〜300 収穫7日前まで 3回以内 散布 3回以内
アスパラガス アブラムシ類
コナジラミ類
アザミウマ類
ジュウシホシクビナガハムシ
4000 100〜300 収穫前日まで 2回以内 散布 2回以内
ぶどう カイガラムシ類
アザミウマ類
フタテンヒメヨコバイ
2000〜4000 200〜700 収穫14日前まで 3回以内 散布 3回以内
ツマグロアオカスミカメ 2000
ブドウトラカミキリ 収穫後秋期
もも コスカシバ 2000 200〜700 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内
アブラムシ類
モモハモグリガ
シンクイムシ類
アザミウマ類
カメムシ類
2000〜4000
マンゴー アザミウマ類 2000 300〜700 収穫35日前まで 3回以内 散布 3回以内
おうとう オウトウショウジョウバエ
カメムシ類
2000〜4000 200〜700 収穫3日前まで 1回 散布 1回
アザミウマ類 4000
きく
ばら
ガーベラ
ほおずき
アザミウマ類 2000 100〜300 発生初期 5回以内 散布 5回以内
ネクタリン アブラムシ類
モモハモグリガ
シンクイムシ類
アザミウマ類
カメムシ類
4000 200〜700 収穫3日前まで 3回以内 散布 3回以内
さんしょう(葉) アザミウマ類
アブラムシ類
4000 100〜300 収穫45日前まで 6回以内 散布 6回以内
さんしょう(果実) 収穫7日前まで 1回 4回以内
(散布は1回以内、樹幹散布は3回以内)
ゴマダラカミキリ幼虫 200 20 3回以内 樹幹散布
すいか アブラムシ類
アザミウマ類
2000〜4000 100〜300 収穫3日前まで 3回以内 散布 4回以内
(定植時の土壌混和は1回以内、散布及びくん煙は合計3回以内)
ウリノメイガ
コナジラミ類
2000
トマト
ミニトマト
アブラムシ類
コナジラミ類
アザミウマ類
2000 100〜300 収穫前日まで 3回以内 散布 4回以内
(粒剤の定植時までの処理は1回以内、散布、くん煙及び定植後の株元散布は合計3回以内)
いちご アブラムシ類 2000〜4000 100〜300 収穫前日まで 2回以内 散布 3回以内
(粒剤の株元散布及び土壌混和は合計1回以内、散布及びくん煙は合計2回以内)
コナジラミ類
アザミウマ類
2000




モスピラン粒剤 農林水産省登録:第19114号 (2010年2月3日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「ピーマン」に、適用害虫名「コナジラミ類」が追加になりました。
(2) 作物名「なす」に、適用害虫名「コナジラミ類」が追加になりました。
(3) 作物名「かぼちゃ」について、次の項目が変更になりました。
  1. 使用時期「は種時」、使用方法「播溝土壌混和」を追加
  2. 「アセタミプリドを含む農薬の総使用回数」を「3回以内(は種時または定植時の土壌混和は合計1回以内、散布は2回以内)」に変更
(4) 「効果・薬害などの注意事項」が追加になりました。
  1. かぼちゃに対して、は種時に播溝土壌混和で使用する場合は、栽植密度に合わせ播溝に株当たり1gに相当する量を均一に施用した後土壌混和してください。

〔適用害虫名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用害虫名 使用量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 アセタミプリドを含む農薬の総使用回数
ピーマン アブラムシ類 0.5g/株 定植時 1回 植穴土壌混和 3回以内
(粒剤の定植時までの処理は1回以内、散布、くん煙及び定植後の株元散布は合計2回以内)
定植前日〜定植当日 株元散布
コナジラミ類 定植前日〜定植当日 株元散布
なす アブラムシ類 0.5g/株 定植前日
〜定植当日
1回 株元散布 4回以内
(粒剤の定植時までの処理は1回以内、散布、くん煙及び定植後の株元散布は合計3回以内)
0.5〜1g/株 定植時 植穴土壌混和
ミナミキイロアザミウマ 1g/株
コナジラミ類 0.5〜1g/株 定植前日〜定植当日 株元散布
かぼちゃ アブラムシ類 1g/株 定植時 1回 植穴土壌混和 3回以内
(は種時または定植時の土壌混和は合計1回以内、散布は2回以内)
は種時 播溝土壌混和




日曹ストロビーフロアブル 農林水産省登録:第21988号 (2010年1月20日付)

<変更内容の概要>
(1) 作物名「食用西洋たんぽぽ」(適用病害名:うどんこ病)が追加になりました。
(2) 作物名「ディル(葉)」(適用病害名:うどんこ病)が追加になりました。

〔適用病害名と使用方法〕 赤字は直近の登録変更箇所です
作物名 適用病害虫名 希釈倍数
(倍)
使用液量
(L/10a)
使用時期 本剤の使用回数 使用方法 クレソキシムメチルを含む農薬の総使用回数
食用西洋たんぽぽ うどんこ病 3000 100〜300 収穫7日前まで 2回以内 散布 2回以内
ディル(葉) うどんこ病 3000 100〜300 収穫3日前まで 2回以内 散布 2回以内






お問い合わせは、こちらまで
日本曹達株式会社
農業化学品事業部
TEL.03(3245)6178

トップへ戻る