平成14年1月24日
日本曹達株式会社
新殺ダニ剤「タイタロン」を発売開始

 日本曹達株式会社(社長:槻橋民普)は、平成13年12月20日付で、自社開発の新殺ダニ剤「タイタロン」(一般名フルアクリピリム、試験番号NA−83)フロアブルの農薬登録を取得し、本年2月初旬より販売を開始致します。

 本剤は新しいタイプの殺ダニ剤として平成9年に本格的な開発が開始されましたが、全国の試験研究機関において高い実用性と安全性が認められ、今日に至りました。

 本剤の国内販売につきましては、タイタロン普及会を設立してクミアイ化学工業(株)及び当社の2社で販売致します。また当社にとってはシトラゾン、ニッソランに続く自社開発の大型の殺ダニ剤であり、将来は輸出も含め年間30億円以上の売上を目標にしております。当社の経営に大きく寄与するものと期待されております。

 農業化学品事業をコア事業としている当社としては、平成7年に大型殺虫剤モスピランを発売以来、待望久しい自社開発剤であり、農業化学品事業の重要な戦略商品として位置付けております。

 尚、原体は当社の100%子会社である郡山化成(株)で製造致します。

 農薬業界も大変大きく変化しておりますが、当社は今後も独自開発を志向し、果樹園芸分野における特色あるメーカーとして、国内外のマーケットに貢献して参ります。

 最後になりましたが、本剤の開発にあたりましては多数の試験研究機関のご尽力を頂きました。ここに、関係の皆様方に厚く御礼を申し上げます。

以上
本件に関するお問い合わせ先
日本曹達株式会社 総務部(広報) 秋葉 民喜
TEL:03-3245-6189 FAX:03-3245-6238

ニュースリリースへ戻る