平成13年11月14日
日本曹達株式会社
ユニークな包接化合物の商品化に成功

 日本曹達株式会社(社長:槻橋 民普)は、包接化合物(注1)の各種用途開発を進めてきましたが、展開の中で花王株式会社(社長:後藤 卓也)と共同でキッチン排水口用ヌメリとり剤を市場創出型商品として開発し、10月13日から花王株式会社より全国販売を開始しました。
 商品名は「キッチンワンダーR排水口用ヌメリとり」です。この新商品は「包接化した抗菌剤が入った錠剤入りカセット」と「排水口の菊割フタ」が一体となったものであり、花王株式会社と当社の協力により、生み出されたユニークな商品です。
 この商品は、当社が製造し、花王が販売するものです。
 抗菌効果の高い中性薬剤を包接化合物として使用していますので、放出速度が制御でき、従来の塩素系酸化剤のようにさびる事も塩素ガスの発生もなく安心して使用して頂けます。
 当社では、各種の包接化合物について研究を進めてまいりましたが、本格的な応用例は本商品が初めてとなります。本商品の開発を契機に包接化合物の開発をより一層進めてまいります。
 また、当社では環境・サニタリー分野でトイレ用尿石防止剤「テイクワン」や車両用トイレ防臭剤「トップセン」などユニークな商品を製造販売しておりますが、 「キッチンワンダーR」の開発を契機に、家庭向けも含め環境浄化を目指した関連製品の開発も進めてまいります。

(注1) 包接化合物とは、有機化合物を別の化合物が取り囲んで結晶化したもの。

本件に関するお問い合わせ先
日本曹達株式会社 総務部(広報担当) 秋葉 民喜
TEL:03−3245−6189 FAX:03−3245−6238

ニュースリリースへ戻る