日曹ハイクロン

使用方法
直接投入方式ハイクロネーターでの管理

注意
ここに記載されているハイクロンの使用量は、標準使用量です。遊離残留塩素は天候・遊泳人数・プール水中の汚れなど、様々な要因により不足する場合があります。常時、遊離残留塩素を測定し、不足している場合はハイクロンを補給してください。

(1)プール使用前準備
  • 顆粒剤(ハイクロンG)をプール水1m3あたり1〜1.5gの割合で、ポリバケツなどにて溶解します。
  • この溶解液をプールヘ均一に散布します。
  • これで、遊離残留塩素値は「0.7〜1.0mg/L」になり、すぐにプールを使用できます。
(2)プールを長時間使用
  • 顆粒剤を投入後、すぐに20g錠剤(ハイクロン(錠剤)-20)をプール水5m3あたり1錠の割台でプールヘ均一に投人します。
  • これにより約3時間の遊離残留塩素管理を行えます。
(3)更に続けてプールを使用
  • 1回目に錠剤投入約3時間後に20g錠剤(八イクロン(錠剤)-20)をプール水5m3あたり1錠の割合で、更にプールヘ均一に投入します。
  • これにより、更に約3時間の遊離残留塩素管理を行えます。
ハイクロン標準使用量
プール規模 顆粒剤投入量 錠剤投入量 追加投入量
100m3 100〜150g 20錠 20錠
200m3 200〜300g 40錠 40錠
300m3 300〜450g 60錠 60錠
400m3 400〜600g 80錠 80錠
500m3 500〜750g 100錠 100錠

投入方式による遊離残留塩素値状況
投入方式による遊離残留塩素値状況

 > PageTOPへ


ハイクロネーターでの管理
ハイクロネーターN型での管理
プール使用の30分前に以下の標準使用量表にしたがって、専用薬剤を投入してください。

専用薬剤:TB-200・TB-100

標準使用量
プール規模 TB-200 TB-100
屋外 屋内 屋外 屋内
100m3 4〜5錠 3〜4錠 9〜10錠 6〜7錠
200m3 8〜10錠 6〜8錠 18〜20錠 12〜14錠
300m3 14〜15錠 9〜11錠 27〜30錠 18〜21錠
400m3 17〜20錠 12〜15錠 36〜40錠 24〜28錠
500m3 22〜25錠 15〜18錠 45〜50錠 30〜35錠

ハイクロネーターS・B・A型での管理
専用薬剤が不足していないことを確認して、プール使用の30分前にハイクロネーターを運転してください。

警告
ハイクロネーターには、各機種指定の専用薬剤以外は絶対に使用しないでください。
指定の専用薬剤以外を使用しますと、故障や爆発を起こすことがあります。

 > PageTOPへ